VA Linuxとは

VA Linuxとは

イベント・セミナー

大規模LDAPディレクトリソリューションセミナー

大規模サイトでのユーザ認証や複数に拠点にまたがるようなグローバルな組織での情報の一元管理のソリューションとして、一貫性/確実性/信頼性を備えたLDAPディレクトリの需要が高まっています。

本セミナーでは、そのような大規模なLDAPシステムにおける高信頼性、高可用性、拡張性、保守性の確保に関しての解説を行い、さらにオープンソースを基盤に開発されたLDAPディレクトリサーバであるVA Directoryをご紹介致します。

ご多用中の事と存じますが、是非ご来場いただけますようご案内申し上げます。

「大規模LDAPディレクトリソリューションセミナー」 開催概要
主催
VA Linux Systems Japan株式会社
日時
2005年4月12日(火)15:00~17:00(14:30受付開始)
会場
住友商事錦町ビル B1会議室(東京都千代田区神田錦町3-11)
定員
60名
受講費
無料
対象
LDAP製品を使用したことのある方。LDAPに対する知識のある方。
LDAPを使用したサービス、製品に関わりのある方。
参加申込
本イベントは終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
セミナー内容
15:00~15:15
挨拶・製品説明
15:15~16:00
オープンソースを用いたLDAPサーバ構築

本セッションではOpenLDAPを用いて大規模LDAPサーバを構築する際の考慮すべきポイントを紹介します。具体的には、はじめにOpenLDAPを冗長化する基本的な仕組みを説明し、OpenLDAP運用時に発生する障害にどのように対処したら良いか等を解説します。
16:10~17:00
VA Directoryで実現する大規模ディレクトリ

本セッションでは、OpenLDAPをベースに高信頼性、高可用性、拡張性、保守性を兼ね備えたLDAPディレクトリサーバ製品として開発された「VA Directory」の紹介し、それがもたらす管理コストの低減とシステム運用効率の向上といったメリットの解説を行います。
ページトップ