会社情報

会社情報

オープンソース・ソフトウェア(OSS)に関しての約束

Statement of Our Commitments on Open Source Software

1「VA Linux」はオープンソースを支持します。

「VA Linux」はオープンソース / フリーソフトウェアを積極的に支持し、 その時々において可能な範囲で最大限の支援と貢献をオープンソース / フリーソフトウェア・コミュニティに対して行うことを約束します。

ページトップ

2「VA Linux」は従業員がオープンソース・プロジェクトに関わることを認めます。

「VA Linux」は、自社の業務に直接関係するかしないかに関わらず、その従業員が社外のオープンソース・プロジェクトに参加あるいはプロジェクトを立ち上げることを認めます。 「VA Linux」のビジネス上必要なオープンソース・プロジェクトへの関与は当然のことであり、従業員の私的なプロジェクトに関しても、それがビジネスへと発展する可能性や従業員の技術や知識の向上が期待できる以上、「VA Linux」がそれを否定する理由はないと考えるからです。

また、従業員の私的なプロジェクトであっても、必要であれば「VA Linux」が所有するリソースの使用を認めます。 ただし、自社の業務以外における従業員の活動に関しては、「VA Linux」は一切の責任を有せず、責任は原則として従業員個々人に帰するものとします。

ページトップ

3「VA Linux」は積極的にオープンソース・コミュニティにお返しをします。

「VA Linux」が自社で新しいソフトウェアを開発したときは、オープンソースとすることができるかどうかを必ず検討します。 そして、ビジネス上の判断においてオープンソースとした方が有利と判断した場合には、原則としてオープンソース・ソフトウェアとして公開します。 また、社外で開発されたオープンソース・ソフトウェアに対し「VA Linux」が行ったバグ修正や改良は、原則として「上流」で開発している作者およびプロジェクトにフィードバックします。

ページトップ

4「VA Linux」はオープンソースコードの権利を適切に処理します。

「VA Linux」はオープンソース・ソフトウェアの著作権を尊重し、その扱いに最大限の注意を払います。 社外で開発されたオープンソース・ソフトウェア向けに、 「VA Linux」が公開を前提として開発したソースコードは、原則として元のオープンソース・ソフトウェアと同じ、 あるいは矛盾しないライセンスの下で公開します。 また、「VA Linux」が修整したソースコードの権利をコミュニティに譲渡した方が速やかなマージが行われると判断した場合には、「VA Linux」はその権利を放棄ないし主張しないことがあります。

従業員の私的なオープンソース・プロジェクトの成果物に関しては、 開発にあたり「VA Linux」のリソースが使用されたとしても、原則として「VA Linux」はその権利を主張しません。 また、「VA Linux」はその従業員が自らの成果物を「上流」にフィードバックすることを奨励します。

ページトップ

5「VA Linux」はコミュニティを信頼し、高いレベルで協調します。

「VA Linux」は、その従業員を含めオープンソース・コミュニティに関わる開発者一人一人を信頼し、尊敬しています。「VA Linux」は、オープンソース・コミュニティとの協調を重視しつつ、より優れたソフトウェアを生み出すというお互いの共通目標に向かっていくことを約束し、そのための努力を惜しみません。

ページトップ

ページトップ