技術情報

技術情報

Python 3 へのコード変換について

2016年12月22日

技術文書トップへ

第 5 回 OpenStack の現状

  • OpenStack の現状
    コンポーネントとしては Nova, Trove, Swift 以外は対応済みとなっています。Nova、Trove については作業中フェーズではあるものの、Python 3 用の CI job は voting となっており Python 3 での動作確認が必須となっているため、対応終了も近いのではないかと思われます。Swift に関しては最近動きがなく、いつ対応終了になるのか未定です。
    OpenStack の Python 3 対応状況は以下のサイトで参照できます。
    https://wiki.openstack.org/wiki/Python3

以上、5回にわたり Python 3 への移行に際しての理由とソースコード変換例の一部を紹介しました。Python 3 へ移行する際のヒントとなれば幸いです。

関連記事

クラウド
2013年4月25日
OpenStack: 分散オブジェクトストレージ Swift 【API編】
プロトコル
2008年12月31日
SNMPサブエージェントプログラミング
ストレージ
2015年4月13日
Ceph/RADOS の OpenStack 利用
お気軽にお問い合わせください

VA Linuxでは、「障害解析・サポートサービス」をご提供しております。
サービスに関する詳細は、「障害解析・サポートサービス (VA Quest)」の説明ページをご覧ください。

お問い合わせフォームはこちら
ページトップ