VA Linuxとはマネジメント陣

代表取締役社長 余語 徹郎

圧倒的な技術力で
オープンソース市場
を攻める

代表取締役社長余語 徹郎

会社について

「VA Linux」はどんな会社を目指していますか?
社員一人ひとりが誇りをもって仕事をできる会社でありたいと考えています。技術陣だけでなく営業も、マーケティングもコーポレート組織も、OSSを通して世の中に価値を提供していると実感できる会社であり続けたいと思います。
「VA Linux」の強みは何だと感じますか?
「最後の砦」となる覚悟があることです。その覚悟の背景として
1.ソースコードを読み解く力、
2.問題の本質を捉える力、
が当社にはあると自負しています。
社風、職場の雰囲気はどうでしょう?
みんな黙々と仕事に向き合っているように感じます。個性派集団ですので個々の中では静かに燃えているのかも知れませんが、外からは窺い知れないものがあります。目に見えないところで濃厚&活発なコミュニケーションが行われているかもしれませんね。
採用においてどんな人物像を求めていますか?
新しいことや難題にワクワク感を持って取り組める人がいいですね。前向きのオーラは周囲にもよい影響を及ぼすはずです。
自身のワークスタイルや心掛けている事はありますか?
判断や結論をハッキリと、分かりやすく出すように心掛けています。他人から見た「分かりやすさ」は勿論ですが、自分自身への「分かりやすさ=腹落ち・納得」もとても重要だと思います。それが責任感に繋がるからです。

オフタイムの過ごし方は?

休日はどのように過ごしていますか?
小学生のラグビーのコーチをしています。ラグビーは累計9年プレーしてきました。あとはゴルフも少々。本当に少々です。
どんな方法でストレスを解消していますか?
学生時代の友人、異業種の人々との交流です。直接的な仕事の話はほとんどしませんが、気付けばインスパイアされていて、仕事の活力に繋がることも多々あります。行ったお店で料理人の仕事ぶりにインスパイアされることもあります。
最近見たテレビ・映画、感銘を受けた本などはありますか?
2015年ラグビーW杯:日本VS南アフリカの大勝利!
好きなモノはありますか?
たまにしかしませんし、レパートリーも少ないですが、料理が好きです。どんな味になるのかな?と思いを馳せながら作るのが楽しい。何故ならば食べるのが好きだから。