会社情報

会社情報

ニュースリリース・お知らせ

VA Linux、コンテナ技術「Docker」に関する技術支援サービスの提供を開始

2017年07月20日
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社

ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都江東区、以下、VA Linux) は、オープンソース (OSS) のコンテナ型仮想化技術の実装の一つである「Docker (ドッカー)」について、障害解析や受託開発などの技術支援サービスの提供を開始いたします。

「Docker」は、Linuxカーネルのコンテナ技術をベースに Docker社が開発した仮想化技術で、単一OS上に複数の分離された仮想的なユーザ空間 (コンテナ) を提供します。シンプルで軽量な仮想環境を実現する Docker は、コンテナの迅速な起動や、アプリケーションと実行環境 (ランタイム) を容易にパッケージングでき、Docker Engine が動く環境であればどこでも移動可能なため、一貫性のあるデプロイメント環境と効率的な運用管理を実現します。その特長から、主に、大規模開発における継続的インテグレーションや、マイクロサービスアーキテクチャをベースとした開発に利用されています。

VA Linux はこれまで、会社設立のルーツともなった Linuxカーネルの開発から始まり、OSS の動向とお客様のニーズを熟考し、仮想化技術やクラウド基盤関連の OSS の開発や技術支援へとサービスの幅を広げてきました。昨今のデジタルビジネスの普及に伴い、お客様のニーズの多様化と変化は大きくなり、IT 環境への柔軟性とスピード感をより求められる中で、Docker のサポートに関する要望も数多くいただくようになりました。

VA Linux は、コンテナ技術の市場性とお客様のニーズから、Docker を重要なプラットフォームの一つと位置付け、Docker に関する障害事例とその解決方法などを検証し、Linuxカーネルでのサポート実績を基に、Docker 環境で利用される関連 OSS も包括的にサポートできると考え、「Linux/OSS プロフェッショナルサービス」の対象 OSS に Docker を加えることにしました。

検証の結果、発生する可能性がある障害とその調査手法について、以下のような事例が挙げられます。

【障害事例】

  • Docker Engine のアップグレードを行ったところ、既存のコンテナが動かない。

【VA Linux への要求レベルと調査手法・結果】

  • 本番環境への適用のため、原因の調査および解決策を提示した。
  • ログ解析調査を行い、Docker デーモンの起動に失敗していることが分かった。
  • SELinuxのログ audit.log を調査した結果、SELinux ポリシー違反が原因であることが判明した。
  • Docker Engine のメジャーアップデートにより、SELinux ポリシー定義が不足しているというパッケージの不具合であると思われることから、SELinux 追加ポリシーの定義を行った。
上記事例およびその他の事例紹介について、弊社ホームページ事例紹介をご参照ください。

【Docker 技術支援サービス内容】

「Linux/OSS プロフェッショナルサービス」に Docker を加えることにより、OpenStack を利用したクラウド環境で Docker を利用したいお客様や Docker を利用した環境構築を検証および検討するお客様などに向けて高品質な技術支援サービスを提供し続けます。詳細は、サービス概要をご参照ください。

  • 受託開発
     - Docker を用いたシステム基盤・環境の開発
     - 機能強化、チューニング

  • サポート:VA Quest
     - Dockerなどコンテナ内部での障害解析
     - Dockerネットワーク、ストレージ、ボリュームに関する障害解析
     - 実機検証・性能評価支援
     - 障害回避の提案
     - 修正パッチの提供
     - 勉強会、セミナーの実施

  • 提供価格
     - 別途見積

VA Linux 代表取締役社長 余語 徹郎は次のように述べています。
「複数のお客様から Docker についての勉強会開催のご要望や要素技術の検証についてお問合せをいただいております。Docker の要素技術は Linuxカーネルがベースであり、VA Linux にはその経験と実績があることから、技術支援サービスの対象に追加することで、より多くの皆さまにサービスを活用いただき、高品質なソリューションおよび高い技術力を実感いただけると確信しております。」

また、コンテナクラスタ管理システムとして注目されている「Kubernetes」についても、サポート対象に追加すべく調査・検証を行っています。

■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について

ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。詳しい情報は、http://www.valinux.co.jp/

ニュースリリース・お知らせ一覧へ戻る

ページトップ