Linuxおよびオープンソースのトータルソリューションプロバイダである VA Linux Systemsジャパン株式会社(本社:新宿区西新宿2-6-1、代表取締役社長:上田哲也)は、主力サーバ製品の製品価格を下げることを決定いたしました。

VA Linux の主力1U製品 “VA Linux 1220″ の引き下げは最大で35%、同じく主力2U製品”VA Linux 2200シリーズ” は最大15%引き下げの新価格に改定されます。VA LinuxはLinuxおよびオープンソースに関する技術力を軸とし、ラックマウント型PCサーバにLinuxを最適チューニングすることで強力かつ安定したマシンを、よりお求めやすい価格でお客様にお届けします。

下記VA Linux製品が今回の価格改定の対象です。構成および価格に関する情報は、技術仕様をご参照ください。

 

  • VA Linux 1220
  • VA Linux 2200
  • VA Linux 4450

これらの製品の販売は、NTTコムウェア、東芝エンジニアリング、沖電気工業、住商情報システム各社の弊社販売担当窓口へお問い合わせください。

■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/