Linux とオープンソースのトータルソリューションプロバイダである VA Linux Systems ジャパン株式会社(本社:新宿区西新宿2-6-1、代表取締役社長:上田哲也、以下 VA リナックス)は、本日、ラックマウント型 Linux サーバの新製品 2 機種、1U サイズの「VA Linux 1222」と2Uサイズの「VA Linux 2252」、の販売開始を発表いたします。尚、今回発表の両製品は、9 月末より販売を開始いたします。

VA リナックスでは、お客様の様々なニーズに対応するために、Linux カーネル 2.4 をベースにした VA Linux OS (Version 7.1.2) と Debian ディストリビューションをオペレーティングシステムの選択メニューに加えて、さらに充実した Linux 環境を提供していく方針です。マルチプロセッサ対応、ネットワークシステム、ファイルシステム、メモリ管理などの性能改善が施された Linux カーネル 2.4 の採用により、ハードウェアの性能を十分に発揮することが可能になります。またパッケージ管理システムで定評のある Debian を搭載した Linux サーバに、サポートサービスを付加して提供するのは、国内では VA Linux 製品が最初です。

尚、今回の新製品は国内最大手サーバベンダである NEC からの OEM 供給により製品化を行っております。これにより、VA リナックスは、短納期で低価格、しかも高性能な Linux サーバの提供を実現することが可能になりました。VA リナックスの高度な技術力で最適化された PC サーバは、Linux OS とオープンソースソフトウェアを搭載し、拡張性、冗長性に優れ、最高のLinux 環境をお客様にご提供いたします。

今回成立した VA リナックスへの NEC 社製 PC サーバの OEM 供給に際して、NECソリューションズ、応用ワークステーション事業部、事業部長、鈴木敏夫氏は、次のようなコメントをしています。「VA リナックス社の新製品発売を歓迎いたします。VA リナックス社は、Linux に最適化されたハードウェア技術、オープンソースソフトウェア技術、強力なサポート体制を確立し、Linux 分野における確固たる地位を築き、ソリューションを提供できる数少ない Linux ベンダーと認識しております。今回の VA リナックス社へのOEM 供給により、NEC の長年培ってきたサーバ技術が Linux 分野においても活かされると確信しております。」

新製品の主な特徴は以下の通りです。

 

  1. VA Linux 1222(ラックマウント型 1U サーバ)
     ・CPU:PentiumIII (1.0B GHz) x 1(最大 2 個)
     ・メモリ:256MB(最大 4GB)
     ・HDD:18GB(最大 36GB x 2)
     ・RAID:最大 2ch(オプション)
     ・OS:VA Linux
     ・価格:¥520,000~

  2. VA Linux 2252(ラックマウント型 2U サーバ)
     ・CPU:PentiumIII (1.0B GHz) x 1(最大 2 個)
     ・メモリ:512MB(最大 4GB)
     ・HDD:18GB x 2(最大 73GB x 5)
     ・RAID:最大 2ch(オプション)
     ・OS:VA Linux
     ・価格:¥800,000~

今回発表の上記サーバ 2 機種に加え、今後 VA リナックスでは、タワー型と 4U サイズのラックマウント型サーバの販売も予定しており、こちらは 10 月末より出荷を開始する予定です。

尚、現在販売しております「VA Linux 1220」につきましては、今回の新製品の発表に伴い、小売り価格を改定してご提供いたします。

 

  1. VA Linux 1220(ラックマウント型 1U サーバ)
     ・CPU:PentiumIII 866MHz x 1
     ・メモリ:256MB
     ・HDD:18GB
     ・RAID:最大 2ch(オプション)
     ・OS:VA Linux
     ・価格:¥270,000

新製品の販売に関しては、一年間の保守サービスを付けて、VA リナックスのビジネスパートナーである NTT コムウェア(本社:港区港南1-9-1、代表取締役社長:松尾勇二)、東芝エンジニアリング(本社:川崎市幸区堀川町66-2、代表取締役社長:松下徹志)、沖電気工業(本社:港区虎ノ門1-7-12、代表取締役社長:篠塚勝正)各社より提供されます。製品のお問合せは、VA リナックスのビジネスパートナー各社または VA リナックスへお問合せ下さい。

■ ビジネスパートナー各社からの賛同文
◎NTT コムウェア株式会社
Linux センタ センタ長 渡辺敏和
VA Linux Systems Japan 社が米 VA Linux Systems 社から継承した「トータルデザインを重視した Linux ソリューションを提供する」という発想。NTT コムウェアでは、Linux に対する様々なサービス、ハードウェア、ソフトウェアなどの供給を含めたLinux トータルソリューションPROgART(プロアート)を推進しております。企業におけるプラットフォームとしての”Linux”導入を推進する上で、必要不可欠なのが、「Linux に最適化されたハードウェア」、「オープンソースソフトウェアに対する対応」、「強力なサポート体制」、「保証」、また、これらを踏まえた文字通りの一貫性の取れた一元的なトータルソリューションの提供をすることこそが、企業ユーザの皆様方に Linux を安心してお使いいただく上で必要なことであると考えております。これを推進する上で VA Linux Systems Japan 社のLinux ソリューションは欠かせないものとなります。今回の新製品発表は、PROgART にとって更なるソリューションの充実につながり、非常に喜ばしいことであります。NTT コムウェアは、これからも VA Linux Systems Japan 社の Linux ソリューションともども、Linuxトータルソリューション「PROgART」でユーザの皆様の Linux 導入をお手伝いさせていただきます。

 

◎東芝エンジニアリング株式会社
カスタマサポート&サービス事業部 事業部長 米谷浩平
VA リナックス、Linux サーバ新製品の発表を歓迎します。東芝エンジニアリングでは Linux をはじめとしたお客様のニーズに合った信頼性が高くパフォーマンスに優れた IT ソリューションをお客様に提供いたしてまいります。VA リナックス、Linux サーバ新製品の発表につきましては弊社の持つ全国 102 拠点からのサービス網で安定したお客様のシステム稼働を支援してまいりますと共に更にお客様に充実したソリューションを提供してまいります。

 

◎沖電気工業株式会社
ネットワークシステムカンパニー NETコンバージェンス本部
ネットワークサーバ事業推進ユニット ユニット長 小川 司
沖電気工業(株)では、Linux オープンソース・ソフトウェアを活かしたネットワークサーバ&ネットワークストレージのソリューション提供と、24 時間 365 日ビジネスシーンで使う Linux をトータルにサポートするサービス提供を積極的に進めており、この度の VA Linux Systems ジャパン株式会社の Linux サーバの新製品発表を心から歓迎いたします。Linux オープンソース・ソリューションの利用拡大が一層進むものと大いに期待しております。
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/