Linux およびオープンソースの総合プロデューサであるVA Linux Systemsジャパン株式会社 (本社: 新宿区西新宿 2-6-1、代表取締役社長:上田 哲也、以下 VAJ)のOSDN事業部『OSDNジャパン』は本日、アップルコンピュータ株式会社(本社:新宿区西新宿3-20-2、代表取締役社長:原田永幸、以下アップル)からの支援のもと、オープンソース・ソフトウェアの開発サイトであるSourceForge.JP のコンパイルファームにて、Mac OS X と Power Mac G4対応のサービス提供を2002年5月29日より開始することを発表します。

SourceForge.JP コンパイルファームは、オープンソース・ソフトウェアの開発者コミュニティに対して、ソフトウェアの動作テストやデバッグ、また新しいプラットフォームへの移植を支援するために、さまざまなハードウェア・アーキテクチャとオペレーティング・システムが動作する環境を提供する目的で作られ、これまではVAJ製のIAサーバにて Linux 2.4 (Debian GNU/Linux) と NetBSD 対応のサービスが行われてきました。このコンパイルファームのサービスは、SourceForge.JPに登録されたオープンソース・プロジェクトに参加している開発者であれば、誰もが自由に無料でアクセスし、利用することができます。

今回のVAJとアップルの協力体制構築によるSourceForge.JPコンパイルファームでの Power Mac G4とMac OS Xのサポートにより、Mac OS X をサポートするオープンソース・ソフトウェアの開発が促進されると考えています。また、Linuxや他のUNIXシステムの開発者にもUNIXコアを持つMac OS Xの世界に触れる機会を与えることで、開発者間相互のコラボレーションとソフトウェアの移植が促進されることを期待しています。

このリリースに対して、OSDN事業部の統轄マネージャ、佐渡秀治は次のように述べています。「Mac OS X上でのソフトウェア開発のチャンスをSourceForgeの開発者コミュニティに与えることができたことを嬉しく思います。Macの巨大なユーザコミュニティに対して、オープンソースコミュニティとコラボレーションが行える場を提供することを誇りに思います。またこれはMacのコミュニティにとってもエキサイティングな時代が到来することを意味すると確信しています。」また、アップル、マーケティング本部長の大宮哲夫氏は、次のように述べています。「UNIXをベースとしたMac OS Xは、次世代アプリケーションのためのプラットフォームです。アップルにとって、オープンソースのコミュニティは大変重要であり、SourceForge におけるMac OS Xの採用が、多くのデベロッパの素晴らしいMac OS X対応アプリケーションの開発をさらに促進することを期待します。」

■ SourceForgeについて
SourceForgeは、オープンソース・ソフトウェアの開発者にCVS、メーリングリスト、バグ追跡システム、掲示板・フォーラム、タスク管理システム、 Web サイトホスティング、永久的なファイルの保管、完全なバックアップ、シェル環境、コンパイル・ファーム、そしてそれらをWebベースで総合的かつ容易な管理を行う環境を提供する無料のサービスです。米国OSDNが運営するSourceForge.netでは、40,000 のプロジェクトと40万人以上の開発者が登録されています。OSDNジャパンが運営するSourceForge.JPは、2002年4月19日に運営が開始され、既に100を越えるプロジェクトと1000名を越える開発者の登録があります。URLはhttp://sourceforge.jp/です。
■ アップルについて
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。アップルは、世界中の学生、教育者、プロフェッショナルクリエータそしてコンシューマに、革新的なハードウェア、ソフトウェア、およびインターネット関連の製品・テクノロジーを通じて最高のパーソナルコンピューティング環境を提供しています。
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/