VA Linux Systems ジャパン株式会社(代表取締役社長:上田 哲也、以下、VAリナックス)は、IT・エンジニアリング企業向けのソフトウェア共同開発プラットフォーム、「SourceForge(TM) 3.3 Enterprise Edition (以下、SourceForge)」を7月下旬より販売開始することを発表いたします。

 SourceForgeは、ソフトウェアライフサイクル管理、ナレッジマネージメント、プロジェクト管理、そしてプロジェクト分析のための各種ツールを統合したWebベースのソフトウェア共同開発プラットフォームです。SourceForgeは、企業の分散した開発拠点、組織、関連部門にわたる小規模から数万人規模の共同開発をサポートします。開発者にはソフトウェアの共同開発を支援する機能を、プロジェクトマネージャにはリアルタイムにプロジェクトの状況を把握できる機能を提供します。

 弊社は、お客様にSourceForgeの機能や操作性を評価していただくために、60日間無償でご試用可能なトライアルサービスをご用意しております。トライアルサービスは、新製品の正式販売開始に先行して明日(7/9)より開始いたします。

 また弊社は、明日より開催されます「ソフトウェア開発環境展(SODEC)」にて、SourceForge 3.3の展示を行います。弊社ブース(東京ビッグサイト東5ホール、小間番号25-6)において、SourceForge 3.3のデモンストレーションやプロジェクト管理にフォーカスしたセミナーを通して、新製品のご紹介をいたします。

 

■ SourceForge 3.3の強化点
SourceForgeは、ソフトウェアライフサイクルを効率的に管理するためのタスク管理、文書管理、トラッキング機能など幅広いツールを統合した環境を提供することで、ソフトウェア開発のプロセス改善を強力に支援します。SourceForge 3.3で、拡張された機能は以下のとおりです。

プロジェクト管理機能について

プロジェクトの状態を視覚的に把握できる、タスク状態分布図やガントチャート等の表示
Microsoft(R)Projectで作成した開発スケジュールのインポート

タスク例外管理について

遅延・放置されているタスクに対する通知
承認や入力必須項目の設定によるプロジェクト開発ポリシーのサポート

文書管理機能について

複数ファイルの一括アップロード、ダウンロード
文書登録時のレビュー・承認機能
文書の検索機能(タイプ別、日付別、作成者別)

トラッカー機能について

トラッキング項目と文書、ファイルリリース、タスク等との関連付け
トラッキングデータとソースコードの修正内容との関連付け

ファイルリリース管理機能について

リリース物件に対してソフトウェア完成度の設定が可能
完成度の設定により、リリース物件へのアクセス制御が可能

自動通知機能について

タスクの進捗報告、トラッキングデータの内容変更などをメールで自動通知
自動通知の頻度、対象等を詳細に設定可能

他ツールとの連携について

複数のSCMツールとの連携(Rational(R)ClearCase(R), Merant PVCS(R), CVS)、プロジェクト毎にSCMツールを選択して利用が可能

■価格について
ライセンス定価は198,000円/1ユーザ(初年度サポート費込み)となっており、ライセンスはSourceForgeをご利用される人数分必要となります。尚、ボリュームディスカウントの設定もございます。
■ VA Softwareについて
米国VA Software社(Nasdaq:LNUX)は、SourceForge(TM) Enterprise Edition(以下、SourceForge)を提供しています。SourceForgeは、完全にWEBで動作するアプリケーションで様々な開発ツールを統合したソフトウェア共同開発プラットフォームで、トラッキング・統計・レポートをリアルタイムで作成できる機能を備えています。SourceForgeは、IT・ソフトウェアエンジニアリング企業の開発・管理の効率改善・品質向上のために貢献しています。VA Softwareの顧客には、米国政府関連組織をはじめ、金融、防衛、航空宇宙、製造、通信などの企業があります。
■登録商標および商標について
SourceForge(TM)は、VA Software社の商標です。その他の商品名・会社名等はすべて各社の商標または登録商標です。
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/