VA Linux Systems Japan株式会社(本社: 千代田区神田錦町3-11、代表取締役社長:上田 哲也、以下 VAリナックス)は本日、2005年3月31日をもって、住友商事株式会社 (東証1部:8053、本社:東京都中央区晴海1-8-11、社長:岡 素之) が保有するVAリナックスの全株式を住商情報システム株式会社 (東証1部:9719、本社:東京都中央区晴海1-8-12、代表取締役社長:中川 惠史) へ譲渡したことを確認しました。

今回の株式譲渡により、3年以上に渡ってVAリナックスの過半数を越える株式を保有していた住友商事から、住商情報システムへ筆頭株主が変更となります。譲渡後の住商情報システムの議決権ベースでの保有比率は約57%となります。住友商事は住商情報システムの50%以上の株式を保有する筆頭株主であるため、譲渡後においても住友商事との事業における全ての関係は維持される見込みです。また、今回の譲渡以外に株式総数等の変更は一切なく、NTTグループ各社からの出資比率への影響はありません。

本件に対し、VAリナックス 代表取締役社長 上田哲也は次のように述べています。「今回の株式譲渡は、VAリナックスの既存株主の最大価値を追及する上で、極めて合理的に判断されたものと認識しています。VAリナックスは今までの住友商事直轄の事業投資会社としての立場だけではなく、住商グループの情報システム系中核会社である住商情報システムとの組み合わせにより、住商グループ全体へのオープンソースソリューションにおけるシナジーを期待されていると考えます。住商グループ全体へのオープンソースソリューションの推進をVAリナックスが担うことで、住商グループだけではなく、NTTグループを中心としたパートナー各社とも連携し、通信およびエンタープライズ市場におけるオープンソースソリューションの浸透を図る所存です。」

■ 住商情報システムについて
住商情報システム (東証1部:9719)は、1969年に設立された日本の情報サービス産業界の大手総合ソリューションプロバイダーです。主な事業内容として、ソフトウェア開発、情報処理サービス、通信・ネットワークサービス、パッケージ・ソフト及びハードウェアの販売、システム・インテグレーション・サービス、及びシステムズ・マネジメント・サービスを展開。従業員数は1,762名 (2004年9月30日現在)、売上高は766億7千5百万円 (2004年3月期・連結ベース) です。
■ 住友商事について
住友商事 (東証1部:8053)は、国内に28ヶ所、海外に127ヶ所 (71カ国) の拠点を保有する日本を代表する総合商社です。全世界にまたがる営業拠点およびその情報ネットワークを活用し、あらゆる分野にわたる商品取引を行うほか、関連する取引先に対する各種ファイナンスの提供、各種プロジェクトのオーガナイザーおよび、コーデイネーターとしての機能発揮、情報産業分野や小売り業分野をはじめとした事業投資を行う等、総合商社として多角的な取り組みを行っています。売上高は9兆1978億円、当期利益は666億円 (2004年3月期・連結ベース) です。
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/