VA Linux Systems Japan株式会社(本社:東京都中央区晴海1-8-8、代表取締役社長:上田 哲也、以下 VAリナックス) は本日、Linuxカーネル障害解析サービス「VA Quest」に対して、既存のPlatinum、Goldのメニューに加えて新規に「Debian GNU/Linux専用メニュー」を追加し、サービスの販売および提供を開始したことを発表します。

VA Questは昨年4月に正式にサービスを提供開始以来、国内有数のソリューションベンダーとの契約が相次ぎ、エンタープライズLinuxソリューションにおけるトラブルシューティングの番人としての地位を築いてきていますが、フリーなディストリビューションであるDebian GNU/Linuxを特に大量に使用するようなネットサービスの市場や組み込み市場に適用するには、VA QuestのPlatinum、Goldの各メニューではサービスが過大であるという指摘を受ける場合もありました。

今回の「VA Quest Debian GNU/Linux専用メニュー」では、完全にフリーかつ保障のないDebian GNU/Linuxを敢えて大量に使用する企業向けに性能解析、コンシェルジュサービス、Emergency Standby (システムリリース時など、トラブルが想定される際の事前連絡による体制整備)等のサービスを省き、さらにOSをDebian GNU/Linuxに限定することで、Goldメニューに近い稼働時間を提供しながらもGoldメニューの月額80万円の半分以下となる月額30万円(半年契約)という料金を実現致しました。

このリリースに対し、VAリナックス 代表取締役社長 上田哲也は次のように述べています。「VA Questサービスは、世界規模のLinuxカーネル開発にも直接参加するVAリナックスが誇るLinuxカーネルの技術力を、そのままLinuxシステムを提供または保有する顧客の安心に繋げるサービスです。今まではその安心をエンタープライズレベルの顧客のみが亨受できたわけでありますが、今回のDebian GNU/Linuxのメニューにより、格段にLinux採用数が多いネットサービス等での障害対応への安心感を与えることが可能になります。それにより、より幅広いLinuxシステムにおける安定度の向上につながり、より一般的な市場においてもLinuxシステムへの適用が推進されることになると期待しています。」

■ VA Questについて
VA Questは、ミッションクリティカルなエンタープライズ・システムおよび通信システム等のシステムを納入するSIベンダー、ハードベンダー、顧客企業向けに、VAリナックスが誇るLinuxカーネルを熟知した技術者が、顧客のLinuxシステムの障害に対してLinuxカーネルのソースコードやメモリダンプに基づいた詳細調査を行い、障害の解析、障害原因の追及および特定、回避方法の提案、修正パッチの提供等を行うディストリビューション中立のサービスです。

 

伊藤忠テクノサイエンス株式会社、UFJIS株式会社、NTTコムウェア株式会社といった国内の大手有力ソリューションプロバイダの他、海外を含むハードウェアベンダーまでも顧客に抱え、Linuxソリューションを提供するベンダーの最後尾に控える番人としての地位を築いています。
■ Debian GNU/Linuxについて
Debian GNU/Linuxは、1000名を越えるボランティアの開発者や貢献者で構成される国際団体「Debian Project」によって開発とメンテナンスが行われている完全にフリーなLinuxディストリビューションです。ライセンスへの厳格なポリシー、民主的な組織体制を特徴とし、オープンソース時代に相応しい真にフリーなOSとして注目を集めています。

 

英Netcraftの調査*1によれば、Linux WebサーバーにおけるDebian GNU/LinuxのシェアはRed Hatに次ぐ2位で25%となっており、また、組み込み分野でもそのライセンスに対する厳格な姿勢から採用実績が最も多いディストリビューションの一つとなっています。

 

*1:http://news.netcraft.com/archives/2005/12/05/strong_growth_for_debian.html
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/