ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (本社: 東京都江東区、代表取締役社長: 余語徹郎、以下、VA Linux) は、コンサルティングおよび開発支援サービスに、オープンソース (OSS) のコンテナ管理ツール「Kubernetes」を追加し、コンテナ関連の技術サポートにコミットすることを発表しました。

 

【背景】

当社にご相談いただくインシデントを分析すると、OpenStack に関連する障害が多く、中でも KVM や Xen、ネットワークやトレージに関する関連技術の障害トラブルが多い傾向にあります。また、開発支援ではコンテナ関連技術の技術要素調査や開発のご相談が昨年度より増えてきました。

AI や IoT の登場でエッジコンピューティングやコンテナ技術の活用など IT  業界のトレンドが大きく変化しています。それに伴って、当社にご相談いただく案件も基盤系からミドルウェアやアプリなど上層レイヤーへとプラットフォームが多様化してきている事を実感しています。

当社は、コンテナ技術を重要なプラットフォームの一つとして位置付け、昨年度より Docker の技術支援サービスを提供してきました。今回は、コンテナ管理ツールである Kubernetes をサービス対象に含め、基盤系 OSS の開発や障害解析で培った経験と知識との相乗効果で Kubernetes の技術支援をしていきます。

 

Kubernetes 技術支援サービス内容】

  • コンサルティング (導入支援)
    – 機能要件に対する技術的実現性の検討と実現案の提案
    – 技術調査・分析
    – ソースコード解析調査

 

  • 受託開発
    – 機能追加の検討、実施
    – 運用ツールの開発

 

  • コミュニティ対応
    – コミュニティへの機能提案および開発
    – バグレポート・修正
    – コミュニティ活動支援

 

  • トレーニング
    – コンテナアーキテクチャ解説
    – コンテナ管理の仕組み
    – コンテナ環境の設計ノウハウ
    – Docker / Kubernetes ネットワーク接続の仕組み

 

  • 提供価格
    別途見積

 

当社代表取締役社長 余語 徹郎は次のように述べています。 「openstack.org の User Survey ではOpenStackユーザの大多数がコンテナ技術に関心を抱いており、今後も OpenStack と コンテナ技術の連携は需要が増してくるだろうと予測されます。OpenStack プロジェクト発足早期から開発に取り組んできた当社が Kubernetes と Docker というデファクトスタンダードとも言えるコンテナ技術をサポートすることにより、コンテナ技術単体の支援に留まらず OpenStack やその他関連技術と連携したサービスを提供できる事が当社の強みにもなり、またお客様に品質と信頼性の高いサービスとなる事を確信しています。」

当社では既存のお客様のコンテナ関連の技術支援を行っています。以下はその一例です。

  • Docker / Kubernetes の技術要素調査
  • Docker ネットワークプラグイン開発
  • Calico や Flannel を活用した Kubernetes 側へのネットワーク実装
■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/