VA Linux Systems Japan株式会社(本社: 千代田区神田錦町3-11、代表取締役社長:上田 哲也、以下VAリナックス)は本日、ミッションクリティカルなエンタープライズ・システムおよび通信システム等のシステムを納入するSIベンダーや顧客企業向けに、VAリナックスのLinuxカーネル開発陣を活用した「VA Quest (Linuxカーネル障害解析サービス)」を正式に提供開始したことを発表します。

本サービスは、Linuxがミッションクリティカルな基幹システムへの適用が拡大し、Linuxシステムの障害がサービス/業務の遂行に与える影響が大きな問題となってきている現在において、SIベンダーや顧客企業に対してLinuxカーネルのソースコードレベルからの根本的な障害解析のソリューションを提供するサービスです。VAリナックスでは、既に国内の有力ソリューションプロバイダー数社に対して、同様のサービスを提供してきていますが、今回それを契約メニューの整備と拡充、専任対応チームの結成を図った上で正式に本月より提供開始に到ったものです。

本サービスの提供内容は、Linuxカーネルを熟知した技術者が、顧客のLinuxシステムの障害に対してLinuxカーネルのソースコードやメモリダンプに基づいた詳細調査を行い、障害の解析、障害原因の追及および特定、回避方法の提案、修正パッチの提供等を行うものです。最上位のサービスにおいては、障害発生前のコンサルテーションまでを行います。

本サービスの契約メニューはシルバー、ゴールド、プラチナの3段階に分かれており、シルバーは25万円/月(10台まで)、ゴールドは70万円/月(40台まで)、プラチナは150万円/月(対象機器数無制限)となっています。

また、VAリナックスでは、本サービスの正式展開にあたり、Linuxカーネルの開発とコンサルティングを主業務としているエンタープライズOS事業ユニット内に専任解析要員を5名配置したカーネル解析ユニットを新設致しました。カーネル解析ユニットのユニット長には、エンタープライズOS事業ユニット長の小田 逸郎が兼務就任します。さらにエンタープライズOS事業ユニットのカーネル技術者10名が、得意分野に応じて適宜解析業務の支援を行うという体制を敷くことで、完全なワンストップのサービスを実現します。

このリリースに対し、VAリナックス 代表取締役社長 上田哲也は次のように述べています。「VAリナックスには、Linuxカーネルのソースコードレベルから精通した技術者が多数在籍し、世界的なLinuxカーネル開発にも直接関わることができる技術力も保有しています。今まではVAリナックスの技術力を限られた顧客のみへ提供していましたが、今後はより多くの顧客企業に対して我々の技術力を提供することが可能になり、それにより、一層のLinuxのエンタープライズシステムへの適用が推進されることになると確信しています。」

【補足資料】

■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/