VA Linux Systems Japan株式会社(本社: 東京都江東区豊洲三丁目2-20、代表取締役社長: 柿木 弾、以下、VA Linux)は、「OpenStack」の導入を支援するサービスを本日6月29日より提供開始することを発表しました。

「OpenStack」は、汎用的なPCサーバやネットワーク機器を用いてクラウド基盤環境を構築できるオープンソースソフトウェアです。多数の企業がプロジェクトに参加し、活発な開発が行われており、オープンなクラウド基盤として世界中のクラウドサービス事業者などから注目を集めているオープンソースの一つです。VA Linuxは、OpenStackコミュニティメンバーとして、4月に米国で開催された「OpenStack Conference & Design Summit Spring 2011」にて技術発表を共同で行うなど、積極的に開発に携わっています。(イベントレポート: https://www.valinux.co.jp/technologylibrary/eventreport/201105/)

「OpenStack」を利用したクラウド基盤の構築を検証および検討するお客様、既存のクラウド基盤に「OpenStack」の機能を利用して独自の機能強化を図りたいお客様などに向けて、コンサルティングや開発支援サービスを提供します。サービス内容は以下の通りです。詳細は弊社ホームページをご参照ください。

● コンサルティング:VA Zest

– 課題整理などの導入検討支援
– システム構築におけるサイジング、パフォーマンス測定などの設計支援
– 技術調査および分析レポートの提供
– ソースコード解析調査

● 受託開発:VA Expert

– OpenStackの開発・改造
– 一部機能の既存クラウド基盤への適用

● サポート:VA Quest

– 導入後のソフトウェアサポート
– 実機検証・性能評価支援
– 障害解析
– 障害回避の提案
– 修正パッチの提供
– 技術説明会の実施

■ ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社について
ヴィーエー・リナックス・システムズ・ジャパン株式会社 (以下、VA Linux) は、各種 OS や仮想化技術、クラウド基盤構築に関連する OSS をはじめとした多岐にわたる事業分野で利用されている OSS について、高度な技術と経験を基盤に、技術コンサルティング、受託開発、インテグレーションとソフトウェアソリューションを提供する企業です。
VA Linux は、2000年9月に設立され、Linuxカーネルや仮想化に関するグローバルレベルの技術力をベースに Linux およびオープンソース業界を牽引する中核企業として成長を続けており、SCSK グループ企業としてオープンソース・ソリューション推進の先導役となっています。
詳しい情報は、https://www.valinux.co.jp/